FXのスワップ金利とは?

FXのスワップ金利とは?

FXのスワップ金利とは?

FX(外国為替取引)の魅力のひとつにスワップ金利があげられます。低金利が続く日本にいながら海外の高金利のメリットを受け取れる。それがFXのスワップ金利です。

 

スワップ金利を一言でいうと各国の金利差で得られるモノです。 やはり業者のHPページは説明が難しいです。なかなか理解するには時間がかかりますね。逆に平易に説明するのも難しいのかもしれません。

 

さっそく平易なスワップ金利の説明にとりかかります。 まず、外国為替市場の●スポットのお話しをします。

 

外国為替がおこなわれているインターバンク市場というものがあります。外為証拠金取引は、銀行同士がおこなうインターバンク市場とほとんど同じ取引が出来ます。

 

そのインターバンク市場は、スポット取引とフォワード取引があります。まず、スポットとは、外国為替市場(インターバンク市場のことですが)で売ったり買ったりされた取引は、通常2営業日後(銀行の休みは数えないわけです)に、実際にドルと円、ユーロと円を交換します。

 

スポットレートというものをそのうち聞くことがあるかもしれませんが、スポットで売り買いするときの為替レートなのです。この取引をスポット取引といいます。

なぜFXが人気なのか

外貨預金は外貨MMFなどに並び外貨運用をする投資家に大人気です。しかし金利、手数料を考えても外貨預金よりもFXのほうがお得です。外貨預金は預金保険対象外ですがFXでは証拠金をFX会社が全額信託保全してくれるため、安全度はある意味、外貨預金よりも高いと考えられます。また南アフリカランド、トルコリラなど金利が魅力の通貨にも投資ができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ